【発表】国民生活金融公庫より

本日、たった今さっき
お電話がありました。

「長い間、お待たせしまして申し訳ございません。
 希望通り、融資が決まりました。
 資料をたくさん、提出していただき
 誠にありがとうございました。
 今回は決定のお電話です。
 また必要な資料を送らせていただきます。
 このたびは本当に長い時間、

 ヤキモキさせて申し訳ございませんでした」

きたーーーーー!

さー、いってみよう、らくだのヤキモキストーリー。

結果がでる予定だった2週間前。
「書類に不備がありました。
 内容に信憑性がかけます。
 書類の再提出をお願いします」

え?
そんなはずは・・・
前の会社に電話する。
人事部、嫌そうに対応される。
役所に電話する。
会社が間違ってたみたい。
まじ、かよ。

はい、再提出。

それから1週間。
卒業式前日だったので
思い切って電話してみました。
「自己資金についてなんですが
 援助金は、本当に親からのモノですか。
 詳しく、聞かせていただけますか」

・・・・・・、
どんだけ、取調べすんねん・・・
わし、犯人かよ。
親に電話する。
親の情報をたくさん聞いて
公庫へ連絡。

そのアト、

毎日のように不動産屋さんから
「いかがですか?」

財務コンサルタントさんから
「結果が心配です」

内装デザイナーさんから
「どんな感じですか?」

親から
「どう?」

正直、この2週間、
不安で不安でたまりませんでした。

先週の卒業式、
本当は融資も決まって
開店日を皆様にお知らせするのが
ボクの中で、
最大のサプライズでした。

が、結果でず・・・
そして、今週になっても
連絡なし。

今朝、待ちきれず
電話しました。
「はい、昨日、上司から、ほぼOKでしょうと
 連絡がありました。
 午後一で、オンラインシステムを確認して
 井之口さんにお電話します」

少し安心。

でも・・・

12時になっても電話がこない。
午後一って、13時のことかな?
電話がこない。
15時・・・
窓口が閉まる時間。そっから
電話くるのかな。
来ない。
16時・・・
17時・・・
公庫自体、電話繋がらなくなる時間だ。

また、来週に持ち越しか・・・

17:14
『国民生活金融公庫』

やっとヤキモキが
終わりました。

心の底では
あんだけ、資料を作ったし。
しかも、完璧すぎる計画。
数字的にみても非がない資料。
だって、銀行歴30年のコンサルに
協力してもらった資料だし。
卒業式に発表した経営理念、
あれ、まじ、心の叫びやし。

自分、10年以上、キャリアあるし・・・
そこそこ、繁盛店も経験してきたし・・・
ま、飲食では有名な会社で地位もあったよな・・・
ソムリエの資格もあるしな・・・

この自信で向かった
公庫の面談。

内容もバッチリだった。
言いたいことを言えた。

結果は2週間、お待ちください。

2週間はなにも考えず待っていた。
ま、楽におりるだろう・・・と
気長に待っていた。

3週間目。
4週間目。

日に日に、結果がこないと
あの自信がみるみる
薄くなっていった。

まわりからのプレッシャー。

応援団の数は、日に日に増えていく。

これで、融資おりなかったら
どうしよう。

もう、後戻り、でけへんよな。

誰にも話せない苦痛との戦い。
お店を開店させるのにもっとも大事なこと。

資金調達。

これを甘くみていてはいけない。
現実問題、いくら夢があろうが仲間がたくさんいようが
お金がないと始まらない。
すべて、お金あっての開店なのだ。

そりゃ、貸す側からしたら
無担保保証人なしで
あんな大金を、開業実績もないボクに
融資するわけだから
そりゃ、審査に時間はかかるはずだ。

でも・・・
待てば待つだけ
不安は積もる。

「慎重に、慎重に、審査をしてるだけ」

最近、銀行の貸し倒れ多いし。
リーマンだって潰れる時代だし。

「慎重に、慎重に、審査をしてるだけ」

そう自分に言い聞かせて
本日がやって来た。

公庫なんて、すぐ貸してくれるよ。
そんだけ実績あったら大丈夫。
らくださんなら大丈夫。

という声をいただきながらも

実際、融資額は絞られますよ。
オレ、公庫から断られたよ。
あいつ、公庫アカンかったで。

とマイナスの言葉も
いくつか、頭をよぎる。

でも、
17:14の電話あと、

すべては吹っ飛んだ。

開店できる!
今年中にはなんとか
「らくだば」が開店できる!

生みに苦しんだ親の思いだ。

大きな大きな関門をクリアした。
さー、月曜日から
実際、工事の日取りや
開店の目処を立てるため
業者さんとの打ち合わせが始まる。

いよいよ、10月から
「らくだばへの道のり(仮名)」いつまで仮名やねん。
夢が現実に変わる日まで
カウントダウンが始まった。

応援団のみなさま、
そして、近くでも、遠くでも
いつも温かく見守っていただいているみなさま、

いよいよ、
具体的に、話しが進みます。

ともみんのロゴ、
ついに、ついに、

入口にドーンと飾るときが
やってきた。

融資がおりるおりないの苦悩より
きっと、開店してからの
苦悩のほうが多いと
思います。

でも、開店できないかもしれないという不安な思い。

これは、きっと
ボクにしかわからない独特な感情だったと
思います。

別に同情とかじゃなく
知ってて欲しかったわけです、ボクの思い。

苦労があるだけ
開店日の喜び、大きいっすからね。

知ってて欲しかった、
ボクの笑顔の内側を。

開店日、ボクは終始、笑っているでしょう。
でも、笑顔の裏には
こんなドラマがあったんだー、

って、思いながら
店のドアをくぐるほうが
きっと、らくだばへの思い、
みんなも強くなるかなーって。

もっともっと
多くのヒトとこの気持ち、共有したい。

共有するからこそ、店に愛着が生まれてくる。

長年愛される店が生まれる。

そのスタートの大きな大きな始まりを
感じた、17:14の電話でした。

長々とすいませんでした。

ちょっと熱く語りすぎましたね。
さ、あのお金で、好きなだけ、大好きな
ルマンド、買おうかなー

# by rakudaba | 2008-09-26 21:20 | Comments(4)  

「らくだばロゴ」への想い by Tちゃん

団長のゴリです。
らくだ卒業式にご参加いただきましたみなさん、どうもありがとうございました。
盛大に行うことができました。本当、感謝感謝です。
来られなかった方も次回の集まりの時は是非いらしてくださいね。

さて、
みなさん、知ってましたか?あの愛嬌のある、らくだばのロゴ(ブログ右上にある
らくだ図柄)って応援団員の一人が苦労に苦労を重ねて作ってくれたものです。
今回は、そのらくだばのロゴをデザインしてくれた応援団員のTちゃんよりロゴに
込めた想いをいただきましたので発表しまーす!
ずいぶん前からいろいろ大変だったのですね。本当にお疲れさまでした。
====================================================
ロゴへの想い

らくだばロゴを作成したTです。皆さん、ロゴ気に入っていただけましたか?白う
さぎ卒業式の時にロゴの話を軽くしましたが、今回ロゴについて熱く語りたいと
思います。
お店より早く、それはそれは早くロゴは完成してました。5月中旬会った時に「ま
だできてへんの?はよ作ってやーロゴできんかったら店のイメージ湧かへんやん
」とか言われたのを憶えてます。
4月の時点ですでにラフなスケッチとラクダさんが書いた文字を受け取ってたんで
すよね。ラフの元々はのりピーが前に描いたもの。
それから6月ぐらいだったか、出来上がったものを見せました。すると、顔の形が
ちょっと違う…コブの形がちょっと違う…と微妙な修正を言ってきた。え…そこ
にこだわるの?そこ変えてもそんなにイメージ変わらないんじゃない?というほ
どの。まぁ…全体的には気に入ってもらえたようなので良かったんですが。で、
直して現在の形となった訳です。
あと、最初は「関西酒場」じゃなくて「探険酒場」だったんですよね(;^_^A(探険
って何のお店なんだかわからんよね。)
まーそんなこんなでロゴの方はかなり順調に早くから完成。お店の場所決まる前
にTシャツなんかも作っちゃったりして。後はお店オープンを願うばかりですね。
ロゴというのは必ず意味や願いが込められてるもの。例えばANAが斜体かかってる
のはスピード感、青いのは安心を表すとか、ampmの4色は1日の太陽の営みの色だ
とかいう具合に。(いろんなロゴ調べてみると面白いよ☆)
私はらくだばに親しみを持ってもらえるように、いつでもみんなが円満に、笑顔
で楽しんでもらえるように、そんな想いを込めてます。飲食のお店ということで
美味しそうに舌をペロリと出してみました。
このロゴが世に出ると思うとワクワクします。
ありがとう、らくだば。ありがとう、ラクダさん☆

# by rakudaba | 2008-09-24 01:18 | イベント | Comments(3)  

らくだ卒業式

c0175528_13104499.jpg

9月20日、らくだ卒業式の集合写真です。

らくだ自身が声をかけたヒトもいますが
ほとんどが、ゴリ団長や、各チームのリーダーが
声をかけてくれて、なんと35人くらいも集まってくれました。
台風に感謝!

そして、応援団に入ってないヒトも
卒業式にきてくれたので
強制的に入団させちゃうことにしました。

よって、良子さんが発表してくれた69名から
ジャーンピーングチャーンスということで
まだ広がりをみせるらくだば応援団で
ございます。

集まっていただいた皆様
本当にありがとうございました。

ササキ副団長の、あれせー、これせー、と乱暴な発言も多々ありましたが
本当は根が優しく心の小さな青年です。
でも、朝6時に六本木の交差点で大胆な行動をとるのも
副団長のいいところ。(詳しい話は、らくだばで)
初顔合わせが多く、盛り上げるの大変だったと思いますが
本当にありがとうございました。
ゴリ団長の挨拶もいつもいつも心に染みます。

そんなゴリ団長、2次会でも
フィーバーしてくれました。
c0175528_13113041.jpg
c0175528_13114236.jpg


夜中3時~5時まで
一発芸大会でした。

主なネタ
◆アントニオ猪木が長島茂男だったなら
◆200本安打を放ったイチローの一言(1年目~8年目まで)
◆W杯が終わったあの日、グランドでつぶやいてた中田の一言
◆松坂17勝目の一言
◆クロマティ、成田空港に着いて一言
◆カズダンス、ゴン中山、柱谷、ドーハの悲劇を再現(担当:ツボちゃん)
◆「こら、ダンカン!」武のものまね
◆ツッタカター、ラモスダンス ←ゴリ団長

超内輪ネタですいません。
応援団ブログだから書ける、くだらないネタです。
また、いつか、時間に有り余って困ったらやりましょう。

以上、卒業式&謝恩会
報告でした。

# by rakudaba | 2008-09-22 13:28 | イベント | Comments(1)  

らくだばホームページへの道【その002】

みなさん、こんにちは。宣伝部門めがねです。

待望のらくだばホームページへの道【その002】がやってまいりました。

【その001】では、たくさんのコメンをいただき誠にありがとうございます。

みなさんのコメントが私のやる気になります!!

お陰様でフラッシュも少しずつ慣れてきました。

でっ、今回は「勝手にCMシリーズ」と称しましてちょっとした作品を公開させていただきたいと思います。

作品を製作するにあたって、ご協力いただいた方ありがとうございます。

なんと今回の総製作時間は8時間、総製作費は0円となっております。

まだまだ粗末な作品ではございますが、心ゆくまで、お楽しみください。



               勝手にCMシリーズ[その1]

# by rakudaba | 2008-09-21 18:05 | Comments(8)  

応援団リーダーズ【JUNくん編】

応援団も70人を越す勢いで
もう、誰がなんだか、よくわかんなくなる前に
ボクがお世話になってるチームを
とりまとめてもらおうと
勝手に、リーダーズと称して
任命させていただきました。

そんなリーダーズが、各チームへ送ってくれた
メッセージ。
裏で読みながら、とっても嬉しかったので
またいつか読み返せるように
ここに記させていただきます。

まずは、ボクと同い年のJUNくん。
そうそう、『49年会』というトラ年メンバーを
集めたチームです。
同年代だけあって、言葉も重く
とっても熱いメッセージをみんなに
送ってくれました。

~中井JUNくんのメール抜粋~

9月20日をもちまして、めでたく「らくださん」はニートになります。
寂しそうなので、みんなで励ましてあげましょう。


夢に向かって進む人って、輝いてませんか?

そんな同年代のメンバーを、みんなで後押ししませんか?

貴重な、同年代の友人です。
これを機に、ゆくゆくは
このメールを読んできる人、全員が、夢に向かって進む時に関わりあえたらよい
なあと
少しくらい思いませんか?

誰かが夢に向かって進もうと思う

他のメンバーが盛り上げる

応援会を「らくだば」で行う

「らくだば」の売り上げに貢献

リッチな「らくだ」になる
当然みんなもハッピーになる。

こんな流れになったらよいですね。


まずはトップランナーのらくださんを
みんなで、盛り上げて、あたらしいお店「らくだば」で、49会やりましょう。

***

うん、とっても素晴らしい流れです。
夢なんて、年をとればとるだけ
語りにくくなったり
語るのが恥ずかしくなったりするもんですが

ボクは、今、経験して思います。

夢は語ったその日から、実現に近づいている。

ま、有限実行ってやつでしょうか。
語ったら語ったで、その言葉に責任がでてくるんで
本当に実現したいことがもしあれば
まず、ヒトに話してみよう。

あいつ、口からでまかせいいやがって、
と思われるのがイヤだから
なにか行動に移す自分を発見できますよ。

JUNくん、ありがとう。
また、49年会やりましょう。
c0175528_232266.jpg


先月、行った49年会です。
お誕生日だった幹事のイチローちゃんを
サプライズでお祝いしました。

# by rakudaba | 2008-09-20 02:04 | Comments(0)